staff blog スタッフブログ

グラデが可愛いトルマリン!天然石のOEMは和心へ!

こんにちは!Y.Yでございます!
☆Hey!ヽ(‘ー’#)/ Hello!☆

みなさま、トルマリンという石はご存知ですか?
10月の誕生石で、熱すると電気を帯びるという特殊な性質を持ちます。
ひとくちにトルマリンと言われるとどんな色の石かすぐ思い浮かべられなかった方も多いのではないでしょうか?
何しろこのトルマリンという石はピンク、イエロー、ブルー、グリーンと様々な色のものが算出されている鉱石なのです。
その多彩さたるや、成分的に同じ石だと判明するまでは全く別の鉱石であるとすら考えられていたほど。

色は全く別でも同じ鉱石であるため、トルマリン結晶の中には様々な色のグラデーションが入っていることが少なくありません。
中でも有名なのはウォーターメロントルマリン。緑色と濃いピンク色とでグラデーションを作られているためにスイカのような独特の色合いをもちます。
トルマリンの結晶は縦長の柱上の形で出来上がる事が多いのですが、グラデーションも柱上の形状にそって発生します。
このため希望した位置にグラデーションの境目を入れようとすると結晶の切り出し方など他の鉱石にはない部分にも気を使う事になるためカットが難しい鉱石でもあります。

さて、本日はそんなトルマリンをまるごとアクセサリーに仕立てた商品をご紹介いたします。




原採宝石首飾-トルマリン

唐傘をイメージしたバチカンにあえて原石をそのまま合わせました。
唐傘には、「恋のシンボルとしての相合傘」「日本ならではの物を大切にする心を表す憑喪神としての唐傘小僧」の二つの意味を込めています。
石の意味とあわせ、それぞれの想いを込めて大切に身につけていただけるアクセサリーとなれば嬉しいです。

石は色も形もひとつひとつ異なり、ごつごつとしていて整ったものではありませんが、自然が生み出す色の濃淡や岩肌の風合いの美しさは未加工だからこそいっそう引き立てられています。
石そのものの魅力を引き出すため、留め具は傘をモチーフにデザインし、極力シンプルに仕上げました。
長い月日を経て、優しい色合いの中に力強さが宿った石のペンダントは、パワーストーンとしてお守りのように身につけたり、気分や服装にあわせてコーディネートしたりと、男女を問わず日常的にお楽しみいただけるアクセサリーです。

天然石を加工せずに利用しているため、製品はひとつずつ大きさ・形状が異なります。また写真とも異なりますので、ご了承願います。

弊社OEMは多種多様な天然石を取り扱っております。
もちろん天然石とオリジナルパーツを組み合わせたアクセサリーも対応可能。
まずはメールかお電話にてご相談くださいませ。
ーーー
【OEMお問合せ窓口】
お電話:03-5785-3331(平日午前10時〜午後7時)
メール:info@wagokoro.co.jp
※お電話・メールでの土日・祝日頂いたお問い合わせに関し
まったく、翌営業日以降に折返させて
いただけます。予約ご了承ください。
ーーー

それでは本日はこの辺で。

( ̄ー ̄)ノ◇”ハンカチフリフリバイバイ♪


Posted by admin

溶岩を削り出した天然石 !?パワーストーンを使ったOEMは和心へ!

こんにちは!Y.Yでございます!
☆Hey!ヽ(‘ー’#)/ Hello!☆

みなさま、溶岩石を使ったアクセサリーがあることはご存知ですか?
「ラバーストーン」とも言いまして、一般的には黒や白の穴ぼこが空いた石の外見をしております。
ボコボコの表面はまるで木炭や石炭のよう。天然石としては割と一般的な種類なのですが、初めて見る方は他の天然石との雰囲気の違いにびっくりするかもしれませんね。
この穴は傷や不良ではなく、マグマが冷えて固まる際に気泡が入ることによってできるものです。
この気泡のおかげで見た目の重量感の割に非常に軽い石となっております。

溶岩石は水晶などと違い不透明で無骨な見た目ですが、溶岩由来の石であることから遠赤外線やマイナスイオンによる効果を期待されアクセサリーに加工されることも多い石です。
また、溶岩が冷えて固まる様子から絆を固める効果のあるパワーストーンとしても人気があります。
メンズのアクセサリーに取り入れればぐっと渋さを強調することができますが、光沢の優しさもあって女性用のアクセサリーとしてもなかなか品のある雰囲気を+してくれます。

さて、本日はそんな溶岩石を使ったアクセサリーをご紹介いたします。



アンティークビーズブレスレット-溶岩

天然石、ブラスビーズなど各パーツ一つ一つを厳選していので使えば使うほどに味がでるアンティーク感を実感して頂けます。
また、ワイヤーを使用しているのでテグスとは違って丈夫で長くお使い頂けます。
ブレスレットは、かすう工房古くからの特徴である「Tバー」使用。粋なデザインの留め具となっています。
いくつもあるパワーストーンの中から迷ったら、重ね着けもオススメです。
パワーストーンとは、ある種の特殊な力が宿っていると考えられている石のこと。
その石を身に付けていると願いをかなえてくれる神秘のパワーがあるとされています。
【溶岩】宝石の意味…出世したい!
マグマが地表にまで達し、結晶化した石。自然の力を借りることで、願いがかなうといわれています。また、想い人と一緒に持つと末永く一緒にいられる効果があります。

弊社OEMは多種多様な天然石を取り扱っております。
もちろん天然石とオリジナルパーツを組み合わせたアクセサリーも対応可能。
まずはメールかお電話にてご相談くださいませ。
ーーー
【OEMお問合せ窓口】
お電話:03-5785-3331(平日午前10時〜午後7時)
メール:info@wagokoro.co.jp
※お電話・メールでの土日・祝日頂いたお問い合わせに関し
まったく、翌営業日以降に折返させて
いただけます。予約ご了承ください。
ーーー

それでは本日はこの辺で。
( ̄ー ̄)ノ◇”ハンカチフリフリバイバイ♪


Posted by admin

海と同じ色の石!天然石のOEMなら和心へ!

こんにちは!Y.Yでございます!
☆Hey!ヽ(‘ー’#)/ Hello!☆

みなさま、「アクアマリン」はご存知ですか?
その名の通り海の水のような色合いをしている石です。色の名前としても扱われますね。
この石は一般的に青、緑、白といった色をしており、特に深い水色をしたアクアマリンは高級品として扱われます。
実際の水も綺麗な場所では透き通った水色をしており好まれますが、石のアクアマリンでも同じとは面白い話ですよね。

アクアマリンは緑柱石と呼ばれる鉱物の一種で、成分としてはエメラルド、ヘリオドール、モルガナイトなどと類似しております。
緑柱石という名前の割には赤色やピンク色など多彩な色合いだね?と思われる方もいるのでは?
緑柱石に限らず宝石や天然石は石の成分の中に混じった不純物などによって発色や性質が違うことがほとんどです。
有名なのは「コランダム」という石が不純物によってルビーやサファイヤに別れるというお話。
緑柱石の場合も、エメラルドはクロム等、モルガナイトはマンガン、そしてアクアマリンは鉄、といった具合で含まれている成分によって名称が変わります。
宝石の名前というのは実は石の成分の面からみると以外と線引きが曖昧なものが多く、例えば先ほど名前を出したヘリオドールもアクアマリンと同じく鉄の成分によって発色します。
厳密な元素の構造などをみれば違う鉱物であることがわかりますし、青色が多いアクアマリンと比べてヘリオドールはイエローベリルとも呼ばれることからわかる通り黄色ですから見た目はまったく違う宝石に見えます。しかしヘリオドールはこの性質のせいなのか熱処理をすることによりアクアマリンに変化させることができます。
なんとも不思議なお話ですね。



原採宝石首飾-アクアマリン

天然石アクアマリンを原石のまま加工せずにペンダントトップに仕上げました。石は色も形もひとつひとつ異なり、ごつごつとしていて整ったものではありませんが、自然が生み出す色の濃淡や岩肌の風合いの美しさは未加工だからこそいっそう引き立てられています。石そのものの魅力を引き出すため、留め具は傘をモチーフにデザインし、極力シンプルに仕上げました。長い月日を経て、優しい色合いの中に力強さが宿った石のペンダントは、パワーストーンとしてお守りのように身につけたり、気分や服装にあわせてコーディネートしたりと、男女を問わず日常的にお楽しみいただけるアクセサリーです。
※在庫限りの商品です。万一売り切れの場合はご了承願います。

弊社OEMは多種多様な天然石を取り扱っております。
もちろん天然石とオリジナルパーツを組み合わせたアクセサリーも対応可能。
まずはメールかお電話にてご相談くださいませ。
ーーー
【OEMお問合せ窓口】
お電話:03-5785-3331(平日午前10時〜午後7時)
メール:info@wagokoro.co.jp
※お電話・メールでの土日・祝日頂いたお問い合わせに関し
まったく、翌営業日以降に折返させて
いただけます。予約ご了承ください。
ーーー

それでは本日はこの辺で。
( ̄ー ̄)ノ◇”ハンカチフリフリバイバイ♪


Posted by admin

美しいパールで夏をエンジョイ!OEMは和心で!

こんにちは!Y.Yでございます!
☆Hey!ヽ(‘ー’#)/ Hello!☆

みなさま、パールはお好きですか?
パールと言ってもいろいろ種類がございます。
本真珠、淡水パール、マベ真珠、黒真珠、コンクパール、ケシ真珠、他にもエトセトラエトセトラ…
同じ市場で売られている真珠でも個体ごとに様々な色や光沢を表します。
この点については他の宝石,天然石でも同じことが言えますが、パールの多様性は水晶のそれと競うほどです。
なんでここまで違うかというと、パールとは貝が作るものだから。

貝殻の裏側をまじまじと見たことがある方はいらっしゃいますか?
ことにアワビなどでは観察しやすいのですが、多くの貝殻の内部は市場で出回っているパール顔向の光沢を持つものがほとんどです。
真っ白だよ?なんて思う貝でも表面をヤスリなどでしっかり磨けば光沢が出るはず。
何しろ貝殻とパールは同じ工程によって作られるのです。

貝は体内に入ってきた外套膜に反応して体内着貝殻を作る成分を発生させ、外套膜を覆うようにこの成分を層状にかぶせていきます。
この層になっている作りがパールの不思議な淡い光沢を生み出します。
外套膜とは貝殻の外側にあるひらひらした柔らかいところのこと。活貝を購入するとよく貝殻を半開きにして呼吸をしている時にちらちら見える場所がありますが、あの部分がそうです。
この部分を付着させて貝の中に入り込むものといえば、貝を食べてしまう寄生虫や尖った石など、貝にとって危ないものがほとんど。これらの危機から身を守るために貝の成分で相手を包み込んで動けなくしたり、丸くコーティングして危なくないようにするというわけです。
現在はこの習性を利用し、現在の養殖パールでは外套膜をかぶせた丸い核を貝の中に埋め込むことでわざと層を作り出させるといった方法がとられています。

また、「貝がパールを作る」ということは実は巻貝などでも共通した特徴です。よい例が大型巻貝の一種であるピンクガイから取ることができるコンクパール。
この貝は外側が黄色や白、内側が美しいピンク色になっており、精算されるパールも黄色や白やピンク色など個体差様々。中でも深いピンク色の中に火炎模様と言われる美しい白い模様が入っているものは高額で取引されます。
この貝は巻貝という性質上、上記の外套膜を利用した養殖が非常に難しく、市場に出回っているものはほとんどが天然のものだとされています。
無論自然に発生するものを待たなければならないもののため気象性も相まって基本的に高額て取引されることが多いパールの一種です。

他にもマザーオブパールなどの貝から直接削り出して作ったパールも有名です。
これらのパールもまた素材になった貝によって色から光沢まで変わりますが、マザーオブパールと呼ばれるものは一般的に白蝶貝という貝から削り出されているそう。
他の貝で作られることもありますが、白蝶貝で作られたアクセサリーやビーズはその名の通り美しい白色と銀色の光沢を持っており普通のパールとはまた違った良さを持ち合わせています。

パールってそんなにすごいのか…
じゃあビーズショップで売られているパールって全部偽物なの?
そんなことはもちろんありません。
パールは作るときの核の大きさやパール自体の大きさ、丸さや美しさで価格が変動しやすいもので、さらにその生産地などでも価格は大きく左右されます。
例えば淡水パールと呼ばれるパールは貝の種類の違いや大きさ、形状が真円などの美しい形でないなどの理由で、小さいものは比較的安価で取引されます。

余談ですがパールは前述の通り生き物の体の一部のようなものなので、汗や化粧品による劣化が早いことでも知られます。
とくに高級なパールのネックレスなどは使うたびにきれいな布で服などして丁寧に扱わないとすぐに劣化してしまうのでご注意くださいませ。

さて、本日はそんなパールの一種、貝パールをつかった商品をご紹介させていただきます。



真珠動物根付-兎
和柄が刻印された真珠を抱く兎の根付が登場です。
ボール遊びをするように兎が抱きしめる真珠には、和風文様の麻の葉をレーザーで丁寧に掘り込みました。
「麻の葉」は、麻の木が虫がつかず丈夫に真っ直ぐ育つことから、主に子どもの産着やお宮参りの襦袢に用いられてきた大変縁起の良い柄です。
健康祈願のお守りやプレゼントにおすすめです。
西洋の童話の世界に登場するような愛らしい姿をした兎の根付は、そのままペンダントトップとしてお使いいただくことも可能です。

古くから着物の柄や家紋など、模様に想いを込めて身につけてきた日本の心を可愛らしい根付にしました。
洋風の動物モチーフに和柄を刻印したパールを抱かせることで、和の想いを込めています。
洋風デザインなので普段使いできる和のお守りです。
バチカンもオリジナルで製作しているので根付だけでなくペンダントトップとしてもお使いいただけます。
お守りやプレゼントにおすすめです。

弊社OEMは多種多様な天然石を取り扱っております。
もちろん天然石とオリジナルパーツを組み合わせたアクセサリーも対応可能。
まずはメールかお電話にてご相談くださいませ。
ーーー
【OEMお問合せ窓口】
お電話:03-5785-3331(平日午前10時〜午後7時)
メール:info@wagokoro.co.jp
※お電話・メールでの土日・祝日頂いたお問い合わせに関し
まったく、翌営業日以降に折返させて
いただけます。予約ご了承ください。
ーーー

それでは本日はこの辺で。
( ̄ー ̄)ノ◇”ハンカチフリフリバイバイ♪


Posted by admin

点を象徴する石ラピスラズリ!天然石のOEMなら和心へ!

こんにちは!Y.Yでございます!
☆Hey!ヽ(‘ー’#)/ Hello!☆

みなさま、ラピスラズリという天然石はご存知ですか?
和名では「瑠璃」と呼び、仏教では七宝という貴重な宝の一つとされました。
色の名前の語源であったり幸運のお守りとしても有名ですので、「ラピスラズリ」という名前ではピンとこなくても「瑠璃」という名前はわかる!という方も多いのではないでしょうか。

この石は深い青色の中に金色の模様が混じっていることで有名で、地域によってはこの模様を夜空に見立てて天を象徴する石として重宝しました。
ターコイズと並んで古くから人に愛された石の一つで、服飾系の博物館に行けばこの石で作られたネックレスや指輪を一度は見る機会があるでしょう。
成分としてはラズライト、アウィン、ソーダライト、ノーゼライトなどの青色の混合の結晶で、天然石の中では特に個体差が大きいものの一つです。
これらの石の量によって青色の濃さが変わる上、白色のカルサイトや金色のパイライトがこの混合された結晶の中に混ざるように配置されるためその模様は十人十色。
一般的にはより青色が深くパイライトの配置が美しいものが最上級品とされます。
模様の美しさに価値を見入だされやすいせいかアクセサリーとしてだけではなく標本や彫刻品の材料になることも。
たしかに広い青色の中に金色の点が星のように散りばめられている様を見ると、個人的にはわざわざ小さなビーズに切り分けるのももったいなく思えてしまいます。

さて、本日はそんなサピスラズリを贅沢に使った商品をご紹介いたします。




弊社OEMは多種多様な天然石を取り扱っております。
もちろん天然石とオリジナルパーツを組み合わせたアクセサリーも対応可能。
まずはメールかお電話にてご相談くださいませ。
ーーー
【OEMお問合せ窓口】
お電話:03-5785-3331(平日午前10時〜午後7時)
メール:info@wagokoro.co.jp
※お電話・メールでの土日・祝日頂いたお問い合わせに関し
まったく、翌営業日以降に折返させて
いただけます。予約ご了承ください。
ーーー

それでは本日はこの辺で。
( ̄ー ̄)ノ◇”ハンカチフリフリバイバイ♪


Posted by admin

天然石ブレスレット/デザイン・鋳造・研磨 株式会社和心

info@wagokoro.co.jp
TEL 03-5785-3331/FAX 03-5785-0559
お問合せ/見積